福岡で相続について相談する場合の費用相場

福岡で弁護士に相続に関する相談をする場合、費用の相場は30分5000円となります。

相続と生前贈与の違いについて

財産を渡す人が生きているか否か

相続は財産を渡す人が亡くなってから相続人が財産を引き継ぐという形で、生前贈与は財産を渡す人が生きているうちに財産を贈るという形になります。そのため、財産を受け取るという行為は同じであっても、相続した場合は相続税、生前贈与の場合は贈与税と税金の種類も変わってきます。

税金対策としては生前贈与がお得

生前贈与では年間110万円までなら控除されるため、毎年少しずつ無税で財産を贈与することが可能ですが、相続は一度に多くの財産を受け取るため支払う税金が多いため受け取った人が支払いきれないこともあります。生前贈与は計画的に財産を渡すことができます。

争いを起きなくするために必要

説明を受けるシニア夫婦

相続で家族同士が争うなど、テレビドラマや小説の中の話だけだとイメージしているかもしれません。しかし、ある程度の遺産があるのなら、現実の世界でも起こっておかしくはないことなのを知っておきましょう。そのため、それなりに財産があって、相続する人間がたくさんいるというのなら、もしものことを考えてこの世を去ったあとのことを考えておいたほうが賢明です。しかし、考えただけでは、その通りに残された方たちが動いてくれるとは限らず、結局争いになってしまうケースもあります。そのような事態を避けたいなら、法の力を借りて、どこにどのように相続するのか決めておきましょう。法の力でがっちりと縛っておけば、親族同士で争いが起こる確率をかなり下げられるので、弁護士の力を借りることを推奨します。福岡くらいの大きな都市なら、相続を専門とする弁護士はたくさんいるでしょうから、力になってくれそうなところを選んで、遺産について相談してみましょう。

いろいろなことが相談できる

遺言書

福岡で相続を専門とする弁護士を見つけたら、いろいろなサポートを受けられるので、とりあえず話を聞いてみましょう。相続の手続きに関する相談や遺言書の作成方法など、さまざまなことで力になってくれます。相続についてまったく分からなくても、話を聞けば詳しく教えてくれるため心配する必要はありません。もちろん、費用についても説明してもらえるので、弁護士を雇うことが自身にとってプラスなのか判断できます。なお、親族が争うようにはしたくない方は、自身が生きているうちに責任を持って遺産を分配したいと考えるかもしれません。弁護士ならば、生きている間の相続ともいえる生前贈与にも対応しているので、自分自身ですべてをコントロールしたいならお願いしましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中